Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

イノベーターとXPS 13

イノベーションを起こし続ける著名人の考え、こだわり。
こだわり抜かれ、造り上げられたノートブックのイノベーション、XPS 13。
XPS 13が彼らに何を感じさせるのか?彼らの進む道にどう役立てるのか?
実機に触れてもらいながら、率直な感想を語ってもらいました。

Innovator 1

よりスマートな執筆環境にDell XPS 13 という選択

芥川賞作家
羽田圭介

作家としての在り方 ―― 純文学の自由さ

『黒冷水』でのデビュー以来、いくつもの作品を発表されて来ましたが、
その創作活動のモチベーションの源はどのようなものでしょうか?

羽田
『黒冷水』を書いたときはアマチュアの立場だったので、ただ本当に自分が書きたいものを書いていました。書く事、それ自体がモチベーションになっていたと思います。今でも書きたいテーマを書いているのは変わりませんが、書く事が得意だから書いている、という感覚もあります。小説を書く事しか得意じゃないので、小説を書く。すべての職業人に言えることかもしれませんが、自分としてはそんな思いです。

書きたいテーマということで、質問です。
羽田先生は『盗まれた顔』のような警察小説も発表されていますが、
純文学以外に挑戦したいジャンルはありますか?

羽田
書きたいジャンルというものは特にありません。『盗まれた顔』も、見当たり捜査員というものを描きたかったので書き、その結果が警察小説の形になっただけです。しかしジャンルという観点なら、純文学はとても自由なジャンルだと考えています。エンターテイメントにはエンターテイメントの作法があって、窮屈に感じることがあります。

下品なことはやりたくない

芥川賞の受賞以降、羽田さんはメディアへの露出が増えました。
イメージ戦略や、心がけていることはありますか?

羽田
自分で自分のイメージをコントロールしようとも、できるとも思っていません。ただ自分の本を手に取ってもらうための一つの手段として、テレビを始めとしたメディアへの出演を決めました。それでも気をつけているのは、下品なことはしたくない、ということです。例えば、ニュースなどで事件に対するコメントを求められて、よく知りもしないのに知っているようなコメントを言ってしまう。そうやって自分自身を実際以上に大きく見せるようなことは下品だし、やりたくないですね。様々なメディアに出演するにあたって、そこは気をつけています。

現在でも多くのメディアに出演されていますが、そういった活動を通して、
仕事のスタイルや心境の変化はありましたか?

羽田
取材やテレビへの出演依頼が増えたことは確かで、最初は一時的なお祭り騒ぎのようなものだと考えていました。しかし、それが今でも続いているという現実があり、受賞を契機に人生のフェーズが一つ進んだと捉えることにしました。もともと自分の仕事のスタイルとしては、精神的な面でも物理的な面でも、余計なものを交えずに執筆活動をやっていきたい。ですが、いまではメディア出演のような色々な物事がある中で、執筆に集中する時間を積極的に作っていかなければいけないと思います。

理想とする執筆環境

執筆に集中するために、羽田さんがイメージする理想的な環境はありますか?

羽田
文章を書くときには、やっぱり書く事だけに集中したいので、シンプルな環境が一番です。パソコンと向かい合うときでも、インターネット環境などは必要ないと思っています。とはいえ、いわゆる「カンヅメ」のように個室にこもってパソコンだけあればいい、というわけでもありません。自分の場合は書いた文章について考えるとき、一度プリンターで紙として出力したい。なので、シンプルな環境は好ましいのですが、その中でもプリンターとパソコンは必須のツールです。

仕事のデバイスとして、パソコンに求めるものは何でしょう?

羽田
まずは画面の見やすさです。パソコンを選ぶときは、目が疲れない、光沢のないノングレアの画面から選んでいます。グレア加工された画面だと眩しすぎると感じることがあるので、そこはこだわっています。それから、処理のスピード感ですね。執筆用のソフトウェアを立ち上げるとき、スムーズに起動してくれないともどかしいので。

Dell XPS 13に注目する理由 ―― こんなパソコンを待っていた

今回、Dell XPSを次のPCとして検討されていたと伺っていました。
決め手となったのはどのポイントでしたか?

羽田
やはり先に述べた画面とデザインですね。モニタが光沢のないノングレア加工で、画面を見やすいということが重要なポイントになっていました。ですが、ノングレア加工のパソコンを選ぼうとすると、今度はいかにも頑丈そうなビジネスマン向けのデザインが多い。そこまで無骨な見た目のデザインは好みではないんです。画面がノングレアで、デザインが無骨すぎず、なおかつ馴染みのあるメーカーで、というモデルを探していました。そんなときちょうどDellのXPSモデルと出会ったので、まさにこういうパソコンを待っていた、という感じです。

画面やデザインなど、パソコンを選ぶ観点を伺っていると、
羽田さんはかなり詳しいという印象を受けますね。

羽田
父がシステムエンジニアだったので、パソコンは小さい頃から身近な存在でした。だからパソコンは必要なときに必要な分だけ使う仕事のツール、という考え方があり、その面では影響を受けているかもしれません。パソコンを遊びに使う、という感覚が昔から理解できません。遊びに使うものではなく、仕事のための道具なので。道具に自分の時間を奪われたくないというか。

ハード面では画面とデザインを重視するということですが、
ソフト面においてDell XPS 13に着目したポイントはありますか?

羽田
触ってみて、非常に動作がスピーディーだと感じました。原稿を書くためのアプリケーションもスムーズに立ち上がりますし、WindowsOSであることも大きいです。執筆にはMicrosoft向けのソフトを主に使っていることもあって、Windows以外のOSを使う場合はいちいち設定を変える必要があり、面倒ですから。動作が素早く、WindowsOSであること。Dell XPSに注目するのは、これが大きな理由です。

想像以上の広さと軽さ

実際にDell XPS 13に触ってみて、印象はいかがですか?

羽田
13インチというサイズ以上に、モニタが広く感じます。フレームが非常に細いので、ボディの見た目以上に大画面という印象です。キーボードについても程よい反発があって、タッチ感も良く、打ちやすい。執筆活動をする上では、長時間モニタと向き合ってキーボードを打つ必要があるので、こういった部分は嬉しいです。これなら持ち運んで、どこでも書けそうですね。

執筆活動がスムーズにできそうなら幸いです。
持ち運びに関してですが、パソコンを使って外で執筆されることも多いのでしょうか?

羽田
正直に言うと、いままでパソコンにはモバイル面での利便性は求めていませんでした。デスクトップ型を主に使用していたので、「パソコンを使って外で書く」というケースがなく、必要ないと思っていました。外で書きたいと思った場合は、携帯型の文字入力専用デバイスを使っていましたから。しかしこうやってXPS 13に触ってみると、思った以上に軽くて薄い。モバイルでの作業に向いていると思います。デザイン的にもスマートですし、早速、明日の新幹線でこれを使って作業するかもしれません(笑)。

第6世代 インテル® Core プロセッサーを搭載した
世界最小13インチ・ノートブック「XPS 13」

XPS 13 は、ベゼル幅わずか5.2mm のフレームレス・ディスプレイを搭載することで、11インチ・ノートブックに匹敵するコンパクトなボディーを実現し、その斬新で美しいデザインは2015年度 グッドデザイン賞にも選ばれています。

また最も先進的なインテルの14nm 製造プロセス (インテル® 14nm テクノロジー) によって製造された第6世代インテル® Core プロセッサーを搭載し、高性能化と省電力をより高い水準で両立します。プロセッサーに搭載されたグラフィックス機能もさらに強化され、超高精細のグラフィックス表示などにも柔軟に対応します。詳細は本サイトの製品特長からご覧ください。

Innovator 2

世界初、人工流れ星をつくるプロジェクトに挑む

株式会社ALE代表取締役社長
岡島礼奈

3,000万人が一斉に楽しめる流れ星の開発を目指して

岡島さんは2011年に株式会社ALEを立ち上げ、人工流れ星の開発に取り組まれています。人工流れ星とは一体どのようなものなのでしょうか?

岡島
その名の通り、人工的に流れ星を作りだしています。仕組みとしては、流れ星の“素”(流星源と呼んでいます)を搭載した人工衛星を打ち上げ、要望があった時間・場所に流星源を投下。本物の流れ星と同じように大気圏で燃やすことで、星が降っているように見せています。
人工流れ星は直径200kmの範囲で観測することができると考えています。これは関東圏一帯に相当するので、3,000万人ぐらいの人が楽しめる計算になりますね。人工衛星は地上500kmを南北に回りながら、全世界の上空を順番に飛んでいきます。そのため、世界各地に星を流すことができます。

開発はどこまで進んでいるのですか?

岡島
地上実験を繰り返しているところです。大気圏と同じ環境を再現した空間で流星源を燃やして明るさを測ったり、流星源を放出する装置を試作して、その強度を調べたりしています。2018年のサービスインを目指して、衛星の打ち上げは2017年か2018年を予定しています。

なぜ人工流れ星を開発しようと思われたのでしょうか?

岡島
理由は2つあります。一つは、ただ純粋に「面白そうだからやってみたい」と思ったこと。天文学を専攻していた学生時代、しし座流星群を見ながら同級生と「人の手で流れ星を作れないかな」という話をしました。何気ない会話でしたが、それがそのときから頭の隅にずっと残っていました。
もう一つは科学を駆使したエンターテインメントを展開して、基礎科学の発展に貢献したいと思ったこと。巨大な望遠鏡を建設しようと考えた学生時代の指導教官が資金集めに苦労するのを目の当たりにし、もっと研究者が研究に専念できる環境を作りたいと思いました。研究開発とビジネスを両立させられれば、科学の発展に役立つと考えたんです。

1点のアイデアは人との交流を通じて大きくなり、
連なることでイノベーションになる

人工流れ星は一見突飛なアイデアに思えます。プロジェクトはどのように具現化していったのでしょうか。

岡島
ふとしたときに浮かぶ「こんなことができたらいいな」という思いが頭の片隅に残っていると、あるとき突然別の出来事とつながって、歯車が回りだす瞬間があります。
「なんだか面白そうだな」と思っていたことを大学教授や関連企業の方に話しているうちに、協力者を紹介してもらえるようになり、プロジェクトが現実味を増していきました。

イノベーションを起こすために取り組んでいることはありますか?

岡島
専門的な知識を持つ人だけではなく、あえて異業種の人にも事業構想を話すようにしています。メンバーの一人である大月は、もともとデジタルコンテンツの企画制作会社の運営などをしていました。以前からの知り合いでしたが、再開したときにプロジェクトの進捗と構想を話したところ、クリエイティブな観点から提言をしてくれ、プロジェクトの方向性に広がりが生まれました。

新しいプロジェクトを生み出すことは昔から得意だったのですか?

岡島
子どものころは本を読んだり虫を観察したりするのが好きで、自分から進んで挑戦するタイプではありませんでした。大学生になって、著名な教授に会ったり、お金を稼いで好きなところへ行けるようになったりしたときに、自分次第でどんなことでも挑戦できることに気がついたんです。

理想の働き方は時間・場所の制約がないこと。
それを実現できるデバイスを選びたい

岡島さんは結婚・出産を経験され、現在は2児の母です。創業者として開発者として、そして母として多忙に過ごしていらっしゃいますが、理想の働き方はありますか?

岡島
時間や場所の制約なく自由に働けることですね。プロジェクトメンバーは、その関わる形は様々なのですが、形態や働く場所・時間にとらわれず、それぞれがするべきことを自分の裁量で進めているのでとても働きやすいです。
オフィスもその考えに合わせて、個人の占有スペースは少なく、いつでも誰でもぱっと集まってすぐにミーティングができる環境になっています。インターネット環境の普及とPCの高性能化のおかげですね。

活動をサポートするデバイスであるPCに求める機能はなんでしょうか。

岡島
操作性の高さ、軽さ、起動のはやさです。子どもを抱き抱えて移動しなければならないので軽さは譲れません。子どもに「遊んで」と言われる前に考えたことをぱっとメールしてしまいたいので、起動のはやさや操作性の高さも重要です。いたずらをされてしまうこともあるので、丈夫だとなお良いです。

最後に、これから起業をしようとしている若手イノベーターや経営者の方々にメッセージをいただけますか?

私個人は、物理的に実現できないこと以外は、なんとかなると思っています。可能性はゼロでなければ、何か道があるはずなんです。物理的なもの以外の障害は大抵人間が作っています。だからきっと越えることができる。障害にぶつかってもそれを超える方法をぜひ模索してほしいと思います。
私は行き詰まったときは宇宙を見るようにしています。138億年の歴史を思うと、自分の悩みなんて小さい、小さい。ぜひ、上を向いて歩いてほしいと思います。

第6世代 インテル® Core プロセッサーを搭載した
世界最小13インチ・ノートブック「XPS 13」

XPS 13 は、ベゼル幅わずか5.2mm のフレームレス・ディスプレイを搭載することで、11インチ・ノートブックに匹敵するコンパクトなボディーを実現し、その斬新で美しいデザインは2015年度 グッドデザイン賞にも選ばれています。

また最も先進的なインテルの14nm 製造プロセス (インテル® 14nm テクノロジー) によって製造された第6世代インテル® Core プロセッサーを搭載し、高性能化と省電力をより高い水準で両立します。プロセッサーに搭載されたグラフィックス機能もさらに強化され、超高精細のグラフィックス表示などにも柔軟に対応します。詳細は本サイトの製品特長からご覧ください。

Innovator 3

自分を引き上げる美しい道具としてのパソコン

「MEN'S CLUB」「esquire BBB」編集長
戸賀敬城

リアリティを追求する

60年の歴史のあるメンズクラブの低迷期から売上、収益ともに倍増にまで回復させましたが、どんな発想の転換や努力があったのでしょうか?

戸賀
編集長に着任したのは9年半前。今思えば雑誌業界もまだまだいい時代で、メンズ誌もたくさんありました。その中で差別化を考えた時に、リアリティをもっと追求しようと思ったんです。僕自身も含めてみんなイタリアのファッションが好きだし、彼らのトレンドから学ぶところは大きいけれど、僕らの丸い顔、この肌や瞳や髪の色に本当に似合っているのか。あるいはたとえそれがどんなにいいものであっても、編集長でもおいそれと買えないような高価なものを平気でリコメンドしていいのか。当時のメンズ誌で普通とされていた、そういう一つ一つを見直したんです。

「トガブロ。」やSNSなど、ネットを通して自ら雑誌のアイコンとして情報発信していますが、これも新たな戦略ですね。

戸賀
ブログを始めたのは7〜8年前。正直言って最初は嫌でしたよ、雑誌の人間にとって当時デジタルは敵でしたから。でもいざ始めてみると、毎日すごい数の問い合わせが来て、一気に読者に近づくことができたんです。それまでも僕らは、大体こんな人と読者像を想定していましたが、ブログへのコメントやSNSを通してダイレクトに読者の煩悩を知ることができた。これはすごい武器になりましたね。同時に読者イベントも年間30本以上行うなど、「読者と一緒にモノを作る」読者密着型マガジンへの転換ができたんです。

編集長のタレント化のような手法には、賛否両論あったのでは?

戸賀
当初は批判的な意見を言われてリスクもありましたし、ネットで叩かれたりしてそれなりに凹みましたが、立ち止まっている場合じゃない。この手法がいいかどうか分からないけれど、少なくともただ紙に向き合っているだけじゃ生き残れないと思っていましたから。デジタルということでいえば、僕らだけでなく世界全体が今なお過渡期にあって、まだまだ試行錯誤が続くでしょうが、苦しさや変化があってこそ新しいものを見ることができるんじゃないかと思います。

今後は編集者としてどんなチャレンジをしたいと思っていますか?

戸賀
雑誌とデジタルのコンビネーションがすごい速度で進んでいるけれど、その流れの中でさらに新しいメンズクラブ、新しいマガジンを作っていきたいと思います。今、同じようにファッション好きでお金を持っている人でも、好むテイストやお金の使い方はとても細分化されています。ラグジュアリーなものが好きな人、モード好きな人、クラシックなスタイルとかね。そういった視点から、デジタルを使ってもっとセグメントされた会員組織のようなものを作りたいと考えています。

まめさ、ホスピタリティ…生き方としてのアナログ

できる男シリーズとして「美容」「ファッション」「飲み会」の本も出版されましたが、できる男に共通して言えることは何でしょうか?

戸賀
何よりマメであること、そして相手の視点を主軸にして選択・行動することでしょうか。自分がどうしたいかより先にまず相手が心地よく過ごせるためにはどうすべきかを考えること。僕が何となくこれまで立ち回ってこられたのは、その2点を心がけていたことにある気がします。

では読者世代の方に、「できる男としてこれだけはやっておいたほうがいい」と伝えたいことはありますか?

戸賀
生き方としてのアナログさを大切にしてほしい。特に人とのナマのコミュニケーションは大事。仕事も交友もデジタルを介して行うことが中心になっているけれど、SNSで交流しているだけでつながっているつもりになっている人も多いでしょう? でもこんな時代だからこそ、人としての魅力が求められると思います。そういう魅力やオーラというのは毎日仕事を頑張って寝に帰るだけでは身につかない。忙しくても人と会って話したり遊んだりする時間を意識的に持って、人から刺激を受けたりホスピタリティを磨いたりすることを忘れないでほしいですね。

美しい道具としてのパソコン

そんなできる男のビジネスツールとして、パソコンを選ぶ基準とは何でしょうか?

戸賀
個人的には、仕事でもそんなに高い負荷のかかるアプリケーションを使うわけではないので、普通にサクサク動いてくれれば。パソコンはあくまで道具。新しくて使いやすいことが何より大事。特にプレゼンなんかで古いモデルのパソコンを持ってこられると、正直言って「何だか金回り悪そうだなぁ」って思っちゃうでしょう?(笑)。そういう意味ではかっこいい小道具としての役割も求められるね。

国内外への出張も多いと思いますが、そんな場面で使うパソコンとして重視している機能はありますか?

戸賀
ありがたいことに最近は新幹線に乗っていても声をかけられるので、見映えは気にしますね。「やっぱり新しくてかっこいいものを持っているな」と思ってほしいじゃないですか。グリーン席に座って、それなりに気に入ったファッションでパソコンを開いた時に、トータルで戸賀敬城を見られるわけですから。「隙がないな、まだ枯れてないな」と思われたい(笑)。人がどう思うか以前に、自分としてもそういう自信のある状態で過ごしたいですよね。その上で、エディターズバッグにすっきり収まるコンパクトさ、そして軽量であれば言うことないですね。

ズバリ、XPS13はその基準を満たしているでしょうか?

戸賀
正直言って、すごくいい。まず開いたときのこのフレームのないディスプレイ。後ろの席からチラッとこの画面を見ただけでも間違いなく「おっ」と思われますよね。前から見れば、少しエロいローズゴールドも想像力を掻き立てるでしょう。それに開いてみればカーボン・ファイバー素材。カーボンは僕らの世代の男子にとって未来の素材でしたからね!実は生まれて初めて個人別注した時計もカーボンのダイヤルにしたし、車の内装もいつもカーボンを選んでいるんです。しかもこのXPS13はカーボンの使い方の趣味がいい。外側はアルミで開くとカーボン、っていうカーボン使いがアガりますね。

XPS13でスマートに仕事をこなす姿が目に浮かびます。

戸賀
実は僕、書斎がなくて、家で原稿やデザインをチェックするのは浴室やリビングなんです(笑)。見るだけならiPadで充分だけど何か書き込んだり、メールの返事をしたい時には不便なんです。それでSurfaceを導入したんですが、見た目にも味気ないし、ペン書き機能やなんかが今ひとつ馴染まなくて。それでXPSが気になっていたんですよ。これなら見映えもいいし、キーボードも打ちやすい。嬉しいですね。

モノが自分を引き上げ、自分がまたモノを引き上げる。

最後に、モノとかっこよく付き合う秘訣をお聞かせください。

戸賀
男たるもの、何はともあれ色気は忘れるな、ということでしょうか。ビジネスマンとしてはまず清潔感が大事ですが、その上で「男の色気とは何か?」ということを常に考えるべきだと思います。その小道具として、時計でも服でもパソコンでも、自分らしい世界を形作り、自分をアゲてくれるモノを選ぶことです。そのためには、人真似や雑誌の真似ではなく自分の世界を持っていなくてはいけません。そして「モノを買ったらゴール」ではなく、さらにそのモノに負けない自分自身の色気を磨くこと。これを繰り返すことで、いい男に近づけるのではないでしょうか。

第7世代 インテル® Core プロセッサーを搭載した
世界最小13インチ・ノートブック「XPS 13」

XPS 13 は、ベゼル幅わずか5.2mm のフレームレス・ディスプレイを搭載することで、11インチ・ノートブックに匹敵するコンパクトなボディーを実現し、その斬新で美しいデザインは2015年度 グッドデザイン賞にも選ばれています。

また最も先進的なインテルの14nm 製造プロセス (インテル® 14nm テクノロジー) によって製造された第7世代インテル® Core プロセッサーを搭載し、高性能化と省電力をより高い水準で両立します。プロセッサーに搭載されたグラフィックス機能もさらに強化され、超高精細のグラフィックス表示などにも柔軟に対応します。詳細は本サイトの製品特長からご覧ください。

Innovator 4 Coming Soon

Innovator 5 Coming Soon

Innovator 6 Coming Soon

最新インタビュー記事の情報はDellのFacebookページで。